• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別れのあの日から

あまりに突然 逝ってしまったヒカル
あの日から半年が過ぎました。

毎月10日になるとどうしても、
「あれから○ケ月過ぎたんだ・・・」
と過ぎた月日を数えてしまいます。   
10日は特別な日、お花を入れ替えたり話しかけたり・・・ だけど嫌いです。


一緒に暮らした10年間
毎日ヒカルの名前を何十回も呼び、毎日飽きもせず可愛い可愛いと言い。
お互いが依存症で、24時間手を伸ばせば届く距離にいて、少し離れただけで大騒ぎするような子でした。
季節はあっという間に変わっていくけれど、ヒカルがいなくなったこの空気になかなか慣れることが出来ません。
毎日が悲しさとの戦いで、その戦いに耐えられなくなる時があります。
楽しかった日の思い出が次々に蘇り何故と
感触 声 仕草 匂い ・・・  辛くなるのに記憶を呼び戻してみたり。
この世にいないという現実を受け入れるのは、こんなに難しいことだったんだと。

どうすればこの痛みから救われるのか
どんな気持ちの持ち方をすれば楽になれるのか
ヒカルのことが頭から離れず、そんなことばかりを考えながら過ごしたせいか、半年も経った感覚がありません。
今はほんのちょっと別れているだけなんだと・・・


いつも写真のヒカルが笑いかけてくれます。

遺影 親不知海岸で
2015.9.5  親不知海岸で
          戸隠神社から急いで走って、日没前に到着


写真のまわりはあの日からお花でいっぱい 大小の花瓶だらけになってます。
ヒカルがくれたたくさんの喜びに、今私が出来る唯一のお返し
「ありがとう」 の気持ちを込めて。
いつも行くお花屋さんが、
「あの子に飾ってあげて」  
と、旬のお花や売り時を少し過ぎたお花をたくさんサービスしてくれるんですよ。
荼毘に付す時も、抱えきれないほどのユリの花を頂いたり、ホントありがたいな~


穂高で
2015.5.24  新穂高ロープウェイに行く途中 
            こんな表情を見せてくれるヒカルが可愛くて愛しくて


お花に囲まれた写真の中のヒカルは、一段と表情が明るくなって幸せそうな顔をしています。
「おかったんの子に生まれて良かったよ」  
そう言ってくれてる気がして。  私の勝手な妄想ですけど。


室生寺 H27.8.18
2015.8.18  室生寺 奥の院   700段もある階段を上がりました。
           
ヒカルの夢、2回見たよ
もっともっと出てきてくれればいいのに。
でもいつか、本当に会える時が来ると信じてるよ。
その時まで夢の中で遊ぼう ヒカchan

この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。