• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白川郷・五箇山(菅沼集落) 2013
郡上八幡から東海北陸自動車道を走って、1時間ちょっとで白川郷に到着。
先ずは展望台へ行って記念撮影

 大きな画像になります↓
展望台から

ガイドブックに必ず載るのは、ここからの風景
約400年前につくられた城跡からの眺めです。

外国からの観光客もたくさん来られてました。
ヒカちゃんキラちゃん 可愛いっていっぱい言ってもらたんだよね~。
白川郷ヒカルキララ2
白川郷

この子たちが一緒だと、どこへ行ってもいろんな人に声をかけてもらっておしゃべり出来て、とても楽しく過ごせます。
特にヒカルはビックリするぐらい社交的で、目が合う人を探して愛想ふりまくっているので、声をかけずにはいられないような雰囲気。
ピカキラのおかげで賑やかです。
人間だけだとそうはいきませんからね。

白川郷 展望台3
いっぱい写真を撮ったのに、帰って見てみたら全部似たり寄ったり。。
選ぶの悩みます~


荻町城跡展望台から下りてきて、集落を散策。

風景1
水路
風景2

雨が降ったりやんだりのお天気だったので、は肩にかけて歩きました。
重い重い
集落への車の乗り入れは禁止です。


白川郷の何軒かのお宅は、合掌造りの内部を見学できます。
250年続く旧家の 『長瀬家』 に入ってみました。
長瀬家

由緒書には、加賀藩前田家に仕えた医者だったことや、NHKのドキュメンタリー番組で屋根の葺替えを放送された、ということが書かれてました。
白川郷では珍しい5階建てで、4階まで上がってみました。
長瀬家内部

集落をブラブラ歩いても2~3時間あれば十分周れる広さ。
ぐるっと一周してみることに

合掌造りの鐘門 明善寺
山門

屋根を葺替え中↓
葺替え
白川郷 民家
合掌造り1

お店もたくさんありましたよ
でもが一緒なので入れないし、民芸品店でお土産買って、白川郷とはさようなら~

おみやげ

合掌造り2
合掌造り3
可愛い合掌造りの景色に癒されました
私たちが訪れたのは9月の緑が美しい時期でしたが、、秋は紅葉、冬は雪景色、春は桜と、四季それぞれの景色を楽しめます。
次i行くとしたらいつがいいだろ?
冬かな~ 夜のライトアップもあるし。 寒そうだけど


次は、宿泊先の五箇山へ向かいました。

道案内の看板も合掌造り
道案内

道中、一軒ポツンと大きな合掌造りの家が。
『岩瀬家』 
岩瀬家 キララ
国の重要文化財に指定されていて、合掌造り最大の大きさだそうです。


五箇山は、5つの谷からなるのが地名の由来で、平家の落人が住みついたとか。
家紋にその名残があるそうです。
世界遺産登録の構成資産となった、五箇山の2か所の集落のうちのひとつに立ち寄りました。

『菅沼集落』
五箇山

険しい山間を流れる庄川にせり出したわずかな河岸にある、9軒だけの小さな集落。
道路より低い、見落としてしまいそうな所にあります。
本当にひっそり、隠れるように・・・ といった感じ。
白川郷が観光客で賑わっていたのと正反対で、私たちだけしかいませんでした。

五箇山 風景

五箇山の産業は養蚕、和紙、それと 『塩硝』
塩硝の館

『塩硝』 というのは火薬の原料で、加賀藩が五箇山で密造させ、大きな財源となっていました。
生産材料も豊富で、五箇山産は、質、量ともに日本一でしたが、生産の秘密を守る為にも、雪深い隔絶されたこの土地が都合が良かったのです。
煙硝 とせず 塩硝 としたのも、秘密の一例。
金沢まで運ぶのにも、地図に記されない秘密ルートがあったんだそうですよ。

今は高速を走れば、ヒカルだって来れる場所なのに、昔は大変なところだったんだね。
五箇山 ヒカル

あっ、そうそう
↑ 上の大きな一軒家の 『岩瀬家』
塩硝を仕切って藩に上納する役割をしていたそうです。

当時この地域で行われていたことに思いを馳せるのも面白いな~
何百年後、そんな秘密の生活がキラちゃんにバレるなんて、当時の人は思いもしなかったよ
五箇山 キララ
塩硝の館 キララ

ところでこの日泊まった 五箇山の民宿
と言っても菅沼集落からちょっと走った所なんですけど、まぁなんとも。。
ワンコの泊まれるところが他になかったのもあるし、次の日の予定を考えてこの辺りが都合が良かったんだけれど・・・
白川、五箇山に行かれる方、泊まる時は気を付けて下さいね。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。