• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Snow Monkey
旅行2日目。

朝食は臼井館で
朝から食べきれないぐらいたくさん!それに手が込んでて美味しいんです。
早起きして散歩がてら善光寺詣りに、の予定が前日に済ませてしまったので、朝食後はすぐに長野市を出発して・・・

約1時間で『渋温泉郷』に到着。
近辺には湯田中温泉など泉質の異なる9つの小さな温泉が点在していて、その中でも渋温泉は木造建築の老舗旅館が並ぶ風情ある温泉街です。

渋温泉

その中でも目を引くのが 『歴史の宿 金具屋』
渋温泉 金具屋
千と千尋の神隠しのモデルになったのでは?と言われる旅館です。
館内は以前TVで見たんですが、意匠が凝らされていて凄いんです!
まるで油屋 連れでない方は是非!


あっそうそう、目的地はここではありませんよ↑
この温泉街を通り抜け、山道を登った先にある ここ
地獄谷野猿公園へ

“温泉に浸かるお猿さん” で有名な 地獄谷野猿公苑 です。

とは犬猿の仲? 
残念だけどお留守番してもらわないといけません。
外敵ですからネ ピカキラは。
幸いの曇空、暑くなくて良かった

車でお留守番


さてさて、車を置いてすぐに見られるのかと思いきや、結構歩く
山道を20分位歩きます
地獄谷野猿公園へ1


道中辺りを見回すと、あちこちにが。
かなりの数が生息しているもよう  のところ
あっちこっちにお猿さんが

随分上がってきたところに間欠泉の “地獄谷噴泉” が噴き出ていて、
ここから上が野猿公苑です。
地獄谷噴泉

お猿さんたち
兄弟

まぁ!!! なんて可愛いんでしょ~

私、サルを可愛いと思ったこと、一度もありません。
というより苦手。。
荒らす、凶暴、すぐ怒るというイメージが強かったので。 
でもここのお猿さんたち、穏やかすぎる~
喧嘩する子なんて1匹もいません。
みんな仲良く遊んだり温泉に入ったり、平和そのもの
人間にも慣れていて、どんなに近づいても、至近距離でカメラを向けても全然大丈夫なんです。


お母さんがずーーっと毛づくろい中
毛づくろい


そして!          

気持ちよさそうに入ってましたよ~ 
さすがにこの時期は熱いのか、出たり入ったりしてたけど。

温泉猿

温泉に浸かって

いい湯だな

外国の方にも大人気なんですよね~
確か7番か8番だったかな? 訪れたい日本の観光地ランキングの。

だいたいサルは熱帯系の動物で、ニホンザルは世界で最北端に棲むサル。
なので英語でニホンザルのことを Snow Monkey と呼ぶのだそうです。
欧米諸国にはサルは生息していないので、雪景色の中  
なんて絵はとっても珍しく興味をそそられるらしいのですよ。


皆さん、記念撮影をしていたので私たちも。

記念撮影

怒られる
わたしも~~    と嬉しがって撮ったのですが!!!

このお猿さん、他の人には普通にしてたのに、何故かわたしの時だけ思いっきり睨まれてしまいました
さて、これ↑ 何がいけなかったのでしょうか 
                   ・
                   ・
実は、上げた右手がいけないんですって! (と言われました。。)
私の方を見ていなくても、気配で叩かれると感じたようなんです。
焦るわ~~  平和な空気を壊すところでした

親子
兄妹
仲良し

野猿公苑、実はそんなに期待してなかったんですよ。
でも来た人はみんな笑顔笑顔。  ホント楽しかった~
微笑ましくて愛らしくて、お猿の楽園ような所でした。


帰り道
可愛いサルたち

の写真もないのに、力が入って話が長くなってしまいました。
印象深かった、ということで。。

この後は、志賀高原を通って草津温泉へ          つづく。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。