• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キラchan、すねる。
キララはどんな時も常に陽気
疲れている時や落ち込んでいる時、お日様のような笑顔で私の心を和ませてくれます。
最近徐々に人見知りをするようにはなりましたが、家の中ではヒカル以上に賑やかで、“ヒカル命” のおにいちゃんが 『ヒカル~ヒカル~』 とえこひいきしたところで、ひねくれる事もなく、とても素直で良い子に育ってくれました。
特に私のことは大好きで、

 「キラchanキラchan、世界で一番好きなのはだ~れ?」
kirarin
           「おかったん だ~~~い好き」

寝る時は同じ枕で寝て、仕事中はキーボードと私の間・・・  24時間、私の半径50cmがテリトリーの、かなり迷惑なお子なのです。
そんなキララが私に対し、あれほど不機嫌な態度を見せつけるなどとは思いもよらぬことでした・・。

事の起こりは日曜日。
和歌山の実家に帰る途中、買い物をしようとゲージに入れて車でお留守番をさせたのが発端でした。
いつもならバッグに入れてこっそり連れて行くのですが、生憎の雨
ピカ☆キラは車でお留守番してもらおうよ、という私に対し、
(ヒカ担当) 『可哀そうやから、ヒカルは連れて行く。』 

しかしキラ担当の私、傘さして重いキラちゃんは大変なので、キララだけお留守番をしてもらうことにしたのです。 一度ならずも二度三度。

実家に着いて、はじめのうちはキララの態度の変化に気が付きませんでした。
しかし私と遊んでいるマロンちゃんに対し、フガーーー と襲いかかるのです。 
見かけによらず気が強いキララですが、その態度があまりにひどい
そしてよくよく見ると、私を見る目も、怒りに満ちている事に気付いたのです。

ヤ、ヤバイ・・。 荒れてる(汗)

今まで見た事のない、キラの冷たい視線でした。

おかっさんおかっさん♪ と慕ってくるキララが、なんでこんな目をしてるの? 
その日の自分の行動を思い起こしました。
そしてハタと気が付いたのです。 
キララをひとり車に残してしまった事を。

 キララごめんよ~ こんなおかっさんを許しておくれ。
キラchan怒る
                許せへん!!!

     
       -キララの機嫌の悪さは、次の日も続きました-


キララ冷めた目
キラちゃ~ん、そんな冷めた目でおかっさんのこと見ないで・・

キララご機嫌直った?
早くいつもの明るいキララに戻ってよーー。

ってご機嫌とって皆でチヤホヤしてたら、今日はいつものキララに戻ってました。
これでひと安心。。 ほんま焦るわ~~
 
キラリン笑った

おにいちゃんはともかく、私はふたりを同じように可愛がっているつもりですが、ちょっとした事でえこ贔屓をされたとか、理不尽だとか考えてるんですね。 
こんな小さな頭で。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。