• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
8日目 会津若松~大内宿
8日目は朝から雨 この日は一日中雨でした。 
改めて写真を見てみても、ヒカ☆キラのお外での写真は全くナシ。
ということで今日はササッと流そかな?
それに、あとちょっとで《完》 がんばろっと!

ペンション・フットルースの朝食。 前日に和・洋を選べます。
フットルース
フットルース 
朝苦手なこの子たち。 結構大人しく待ってくれます。

予定では、この日近場の大内宿を観光して喜多方ラーメン食べて、大阪に戻る予定だったのですが、もう一日延ばしちゃえ!ということになり急遽宿探し。 
新潟県妙高高原のペットOKなホテルを予約して、フットルースを後にしました。
フットルース

喜多方ラーメンは方向が違うのでパスして、会津若松へ。
会津若松
【鶴ヶ城】 お城って普通綺麗だと感じる事が多いけど、このお城はなんかゴツクて、美しさはなかったような・・。

会津若松はレトロな町並みが見どころだそうですよ。
会津若松
会津若松
会津若松
雨なので車の中から写真だけ撮って、次の大内宿へ向かいました。

下野街道
下野街道。 ここから峠を越えると・・・

【大内宿】 
大内宿
茅葺の民家が立ち並ぶ光景。 まるで江戸時代の宿場町にタイムスリップしたような町並みです。
舗装もされていない砂利道。
今の時代、こんな町が残っていること自体、奇跡のように思えました。

大内宿
大内宿
そして驚いたのが、観光客の多さ。 
茅葺家以外、周りは何もないところですが、突如ものすごい人混みなのです。
東北を旅行して、どこもここも奥入瀬でさえ閑散としていたのに、どうしちゃったんだろ???
少し前まで、大内宿は観光地としてメジャーでなかった気もするし・・と思いお店の方に聞いてみると、

大内宿
20数年前、重要伝統的建造物群保存地区に選定されてから観光客が訪れるようになり、晴れた休日などはこんなものではなく、ごった返しているというのです。
ヒカルとキララが入ったキャリーバッグを肩に掛け、傘をさして歩きましたが、人気の無い静かな日にのんびりブラブラ歩きたかったな~ 
お店を覗いたり、買い食いしたり、可愛い~とか言われながら。

大内宿

田舎に行けば、名物=蕎麦がお決まりですが、大内宿のお蕎麦は一味違う!
大内宿
ねぎそば
ねぎそば沖縄そば ネギをお箸代わりにして食べるんですよ。
もちろんおネギも食べちゃうんですけど。 でもね・・・
ネギでお蕎麦はすくえません!! それにネギ丸かじりはカッラ~イ汗

宿泊地、妙高高原を目指して走ります。
妙高高原へ

ペンション・アムール
アムール
到着した時はもう薄暗く、すぐに夕食。

ヒカル君、食事の度に“いただきま~す”をするのが日課。
アムール ヒカル
アムール ヒカル

オスマシ顔で上品そうにしてますが、本当のキララは恐ろしい大食漢。
あるもの全て食い尽したるーーーな勢いです。
アムール
              『それってワタチノコトカチラ?』

ヒカルは食べるよりも、他所のワンちゃんが気になるようで。
アムール ヒカル
アムール
パピヨン(うす茶)あそぼっ♪あそぼっ♪ぼくちんとあそぼっ♪   ソロモンヘンなやっちゃなぁ。。

アムールキララ
                 『ヒカルって幼稚ねププ・・』

ワンコ宿に泊まった時のふたりは、いつもこんな感じかな。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.