• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7日目 山寺
山寺

               閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声

奥の細道の中でも馴染みの深いこの一句。
7日目はこの有名な俳句が詠まれた 『山寺』 へ行きました。
東北旅行の中では3番目に楽しみにしていた所ですが、これが階段が1000段以上もある過酷な観光名所なんですよ。 (ちなみに1番目は奥入瀬、2番が三陸海岸) 普段歩かないし、上まで上がれるか自信がないわ~~

8時前に蔵王を出発。 
蔵王
山形
山を下りていく途中、山形市内が見えてきました。
この盆地地形のせいで、山形の夏ってメチャクチャ暑いんですよねアップロードファイル

山寺
旅館を出て約40分で到着。 山腹に点々とお堂らしきものが ↑
山寺は山形市の郊外の、長閑な里山の上にありました。

階段を上がって初めに目にするのが 【根本中堂】
立石寺
中には比叡山から移されたという法燈が、1000年以上も燃え続けていますキャンドル

お寺の正式名は 【立石寺】  山寺というのは通称、というか地名なんですよ。
立石寺
山寺 山門
【山門】 パピヨン(うす茶)立ち入り禁止と書いていないので尋ねてみると、
「いいですよ~。 でもワンちゃんどこにいるの?」 
でキャリーバックから出すと、 
「まぁ、そんな狭い中で可哀想に。 歩かせてあげて~」 だって♪
こんなとこ大好き

ということで一家4人、頂上を目指します。 キラちゃん、いいダイエットになるなぁ
山寺 キララ
山寺
途中までは木々に覆われて心地良く、それほど疲れを感じません。

【せみ塚】
山寺 せみ塚
山寺 せみ塚
芭蕉が「閑かさや~」としたためた短冊が、ここに埋められているそうです。

それらしき岩はありますが、今年梅雨明けが遅かったせいか蝉の声は聞けませんでした。 緑が目に沁みます
山寺
山寺

【弥陀洞】 
山寺 弥陀洞
故人の供養の為に彫られたもので、戒名が刻まれています。 
全体が阿弥陀様に見える人には幸せが訪れるそうですが、全く見えない。。
修行が足りへんのかなぁ。

【仁王門】
山寺 仁王門
ここから上は木陰がないので、流石に暑くて大変
私だけでなく皆さん、ふーはーしんどそうです。
下りて来る人の、あと少しですよ~の言葉が背中を押してくれます。

【修行の岩場】
山寺   
お釈迦様のもとに至る行場で、出世や欲望を持った修行者は転落することもあると言われ、現在は行者以外は立ち入り禁止になっています。

【奥の院】
山寺 奥の院
ここまで来たらあと少し。 山寺のシンボル的光景が見えてきました ↓ 
山寺 開山堂&納経堂

山寺 納経堂
断崖絶壁の上に建つ山寺の中で一番古い 【納経堂】 と 

山寺 開山堂
【開山堂】 ヒカ☆キラ、元気に上がって来れました 意外にタフな子たち。
山寺 開山堂&納経堂 ヒカ☆キラ

山寺 絶景
はぁはぁ息を切らしながらも、上がって来た甲斐がある素晴らしい眺め。
一瞬で疲れを忘れさせてくれます。
そしてもう一か所、忘れてはならない絶景ポイントが。
ここまで来ると達成感と入口が見えにくいのとで下山していく人が多いようで、私たちもうっかり見逃してしまうところでした。 
開山堂の脇にある階段を上がると・・・

山寺 五大堂
山寺随一の景観を望める 【五大堂】 があります。

山寺 五大堂
山寺 五大堂
山寺 五大堂ヒカ☆キラ
ヒカちゃんキラちゃん、よくここまで来たね! さぁ撮影するとしましょうか♪

山寺 五大堂 ヒカル
山寺 五大堂 ヒカル
ヒカル君、危険を冒しながらも笑顔 って怯えてる顔だったりして~
山寺 五大堂 キララ
山寺 五大堂 キララ
キラちゃんは平均台の美少女風。 鳥のようにも見える。
ここで暫し休憩。 あまりに気持ち良くて、下りたくなくなります。

山寺
以前ツアー旅行で来た人の話では、下からこの景色を眺めただけだったそうですが、やはり上からの眺めは格別です。 
意外と時間も掛からなかったし、今思えばそんなにしんどくなかった気もする。 
それにヒカもキラも全然元気。
でも下りる時は足に負担がかかるといけないので、バッグに入ってもらいました。

山寺 ヒカ☆キラ
松尾芭蕉翁と記念撮影。 

最後まで元気な笑顔を見せてくれたふたり。
山寺 ヒカ☆キラ
山寺 ヒカ☆キラ
山寺 ヒカ☆キラ
山寺 キララ
山寺 ヒカル
ピカ☆キラの明るくて可愛い笑顔のお陰で、私たち歩けたのかもしれないネ♪

午後は米沢、そしてこの日の宿泊地、裏磐梯へ。        つづく。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。