• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5日目 遠野~民話の風景~
ここ数日で一気に涼しくなりましたね
また東北の話に戻りますが、あれからもう2ヶ月が過ぎてしまいました。
あの頃、東北はまだ涼しくて夏服しか持って行かなかったことを後悔しましたが、もう夏は過ぎ秋はすぐそこ。。
なのにまだ半分しか書けていないなんて
でもピカキラとの楽しい思い出なので、あと何日かかるか分かりませんが、最後まで書こうと思います。
つい話が長くなってしまいますが、よろしければお付き合い下さいね。 
では遠野でのことを。

“雨 河童 遠野” と単純な連想で、急遽予定変更をした我が家。
何年か前、遠野で河童を見たというおじさんが、TVを賑わせた事がありましたよね。 お寺には河童の手のミイラが残っているとか言って。 
きっと誰も信じてはいなかったでしょうが・・。
河童

しかし御存じかとは思いますが、遠野は“河童だけの町” ではございません。
民俗学者・柳田國男が著した有名な 『遠野物語』 と、そこによく登場する河童や座敷童子、そして民話の世界そのままの日本の原風景。 
日本人の私たちを懐かしい気持ちにさせてくれる、魅力的な町だったんです。
                    
                      
朝一番に行ったのは、宿泊した「ホテルきくゆう」から歩いてすぐの所にある
【とおの昔話村】
遠野昔話村
遠野昔話村

内部は柳田國男が宿泊した旅館を移築し、公開しています。 
遠野昔話村
遠野昔話村
遠野昔話村

他に民話資料館もあり、向かいの語り部館では、民話を聞かせてもらえます。
遠野は予定から外していましたが、もし来れたなら、おばあさんが話してくれる民話を是非聞いてみたいと思っておりました。
平日の朝一番とあって、聴衆は私たちを含め5人だけ。
子供の頃、皆が囲んで昔話に耳を傾けた、あの雰囲気です。
遠野昔話村
語り部鈴木ワキさん
語り部は鈴木ワキさん。 確か86歳とおっしゃったかな? 
歳をとってもこうありたい、と思えるおばあ様でしたよ。

語り部鈴木ワキさん
昔々あったずもな。  ある所に・・・・・・・・。  ―どんと晴れ。

30分間で2話。 必ずこのセリフで始まり終わります↑  
NHKの朝ドラ 『どんと晴れ』は、メデタシメデタシしという意味だったんですね~
内容も童話や昔話にありがちな、残酷だけれど最後はおめでたいお話でした。 
それを方言満載、穏やかな口調で抑揚たっぷりに話して下さり、聞く者皆がありがたい気持ちになった、そんなひと時でした。 

                        さとと-春の山
次は町からちょっとはずれた、 【遠野ふるさと村】 へ。
遠野ふるさと村
遠野ふるさと村
この門の向こうには、のどかで懐かしい田園風景が広がっていました。

遠野ふるさと村
遠野ふるさと村
遠野ふるさと村
どこからどこまでが、ふるさと村なんでしょう? ここが運営されている施設である、という事を忘れてしまいそうです。
この広~~い敷地の中には、数棟の “曲がり家” が点在しています。

                      絵文字名を入力してください
遠野ふるさと村
母屋と馬屋が一体になった岩手県南部特有の建物で、L字型になっているので曲がり家。 この地方の人たちは、馬を大切にしていたんですね栃栗毛馬

“大工どん”のおうちの中からとってもいい匂いがしてきました。 
遠野ふるさと村
遠野ふるさと村
中を覗くと巨大な藁人形が。 その前でお魚を焼いてます。 来る途中、小学生たちが川でつかみ取りしていたヤマメでした。

遠野ふるさと村キララ
                  『ヤマメ食べたい

ふるさと村では農村体験学習が出来ます。
この日は修学旅行中の小学生がたくさん来ていて、中でお餅をコネコネしていました。 クラスごとに作ったものをみんなが持ち寄って食べるんだそうですよ。

遠野ふるさと村
他にも草木染や陶芸、そば打ちをしたりetc・・・ といろんな体験が出来ます。
おにいちゃんがおしゃべりをしているのは、ふるさと村の支配人さん。
ここを維持していくのは大変だそうで、屋根を葺き替えるのに家一軒分以上の費用がかかるそうです↓
遠野ふるさと村

遠野ふるさと村
遠野ふるさと村
遠野の市街地を走っていてもごく普通の街並み、郊外は長閑だけれど曲がり家がある訳ではなく、どこに日本の原風景はあるのか? と思っておりました。
これらの建物は江戸~明治時代のものを移築したそうですが、とても立派で個人が管理し維持していくのは難しいのでしょう。
伝統的な建物が、このような観光施設の中でだけでも残っていってほしいと思わずにはいられませんでした。
遠野ふるさと村

ヒカchanキラchan、こんな田舎で呑気に暮らしたいね~
遠野ふるさと村ヒカキラ
遠野ふるさと村ヒカキラ
遠野ふるさと村ヒカキラ

私がこの美しい風景に安らぎを感じるように、ヒカもキラもとても気持ち良さそう。
いい所だったね~ふるさと村山と空
遠野ふるさと村ヒカル
遠野ふるさと村キララ
                 『カッパはどこ

さてと・・ ふるさと村はこのぐらいにして。 近くに立派なお寺がありました。

【福泉寺】 一番上のカッパの写真は↑ ここで撮ったんですよ。
福泉寺
福泉寺
福泉寺

【水車小屋】
水車小屋
水車小屋
水車小屋ヒカル

【常堅寺 】 この小さなお寺の奥に、河童の棲む淵はあります。 
かっぱ淵寺
                                      つづく河童
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。