• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目 リアス式~海の風景~
私の実家は海の近くで、子供の頃の遊び場や、の散歩はいつも海砂浜
それに数年間勤めた図書館も目の前が海という環境だったせいか、世知辛い大阪で生活していると、時折青い海や潮の匂いが恋しくなります。 
黒崎灯台
正反対におにいちゃんの実家は山山山山と空
でも山はもうたくさんらしく海好き、というか漁港が大好き。 
潮臭い匂いを嗅ぐと血が騒ぐようです。

そんなで三陸海岸はふたりともとても楽しみにしていました。
あの延々と続くギザギザした海岸線はいったいどんな景色なんだろう?
“日本一の海岸美” とやらをこの目で確認せねば!!と。

一番初めに立ち寄ったのが、【黒崎灯台の展望台】
黒崎灯台景色
三陸海岸とは青森の南端から宮城県の牡鹿半島まで約600kmにも及ぶ海岸の事ですが、よく目にする断崖絶壁の風景はこの黒崎灯台あたりから始まります。

黒崎灯台
白い灯台に青い海と青い空。 なんて気持ちの良い景色なんでしょう。
ここで傑作を1枚
黒崎灯台
・・・とふたりとも協力する気無し。

でもこの景色をバックに↓
黒崎灯台景色
黒崎
黒崎灯台ヒかキラ
可愛い写真が撮れました

次は車で10分の所にある 【北山崎】 
北山崎
リアス式海岸の中でも一番のメインスポット。海のアルプスと言われる場所です。

北山崎
ジャーーン! これこれ!この景色ですよ!! 
こんな海岸線が延々続くなんて凄いわ~ (後で勘違いだと分かる)
TVでこの岩の穴を小さな船がくぐり抜けていくの、見たことありませんか?
それにしても残念なのがお天気 
さっきまで晴れてたのに、お天道様は意地悪でつ。
北山崎
北山崎

鵜ノ巣断崖
写真上のほうに絶壁が幾重かに重なって見えているのが 【鵜ノ巣断崖】
この辺り一帯の断崖は海面からの高さが200m以上もあるそうです。

この景色を船から見ることにしました。 
十和田湖や田沢湖の遊覧船はパスしましたが、ここは外す訳にはいきません。
出発時刻が迫っているので、急いで鳥越港へ。

                       船
遊覧時間は約1時間。 海鳥たちがパンを貰おうとついてきます。
北山崎遊覧船
北山崎遊覧船
北山崎遊覧船
北山崎遊覧船
北山崎遊覧船
北山崎遊覧船
北山崎遊覧船

北山崎遊覧船
ヒカchanキラchan、これがリアス式海岸よ~ と見せてあげましたが、ヒカルはそれどころじゃない様子。 ハァハァ息づかいも荒くなってます。 
エンジンの音が嫌なのかな。 
実はプルプル震えるともっと可愛い顔になるんですよ♪

わざと怖がらせている訳じゃないけれど。。
北山崎遊覧船ヒカル
北山崎遊覧船ヒカル
でこれがヒカちゃんのプルプル顔。 可~愛い震えているように見えへんわ。

北山崎遊覧船キララ
北山崎遊覧船ヒカキラ
それに引きかえキララは全然怖がらないね~。 どっちが年上なんだか?

北山崎遊覧船
そうこうしている間にあっという間に遊覧船の時間は終了。
えっ!もしかしてこれだけ? 岩手県沿岸、ずーっとこんな景色が続くんじゃないの?? というのは私の勝手な思い込みで、実際は8kmとごく一部の景観だったのですよ。
後で地図を見ると北山崎周辺の地形は比較的ノッペリしていて、リアス式の特徴である鋸の歯のような地形は、釜石や気仙沼など入り組んだ港の部分でした。
あ~無知とは恐ろしい。。 
ということで、“海のアルプス” 北山崎はこれにてお終い。 私的にはちょっとあっけなかったかな?

 
さて、あとは浄土ヶ浜を残すだけ。 
南下するに従って次第に穏やかな海グラデ青 気になるのは翌日のお天気ですが・・
海岸線

翌日の天気予報を見ると、一日中マーク。
予定では海沿いをゆっくりドライブしようと思っていましたが、やっぱり海は晴れてないと全然綺麗じゃないし。
そこで急遽予定を変更。 雨の日は河童が現れるだろうということで・・・
『遠野』行き決定!!
この日の宿泊先は行程が読めず、決めていませんでした。
確かもう3時ぐらいになっていましたが、遠野市の観光協会に電話をかけるとOKの宿を数軒教えてくれました。
自分で捜すのは結構大変なので、最近はよくこの手を使います。
観光協会の方は本当に親切で、どこの町でも1軒や2軒はありますよ。

300年前、ここを訪れた僧が「まるで浄土のようだ」と言ったので 【浄土ヶ浜】
浄土ヶ浜
駐車場のおじさんが、この下だよと教えてくれたけど、まぁ歩くこと歩くこと 
ようやく↑が見えてきた時はホッとしました~ 
はて?ここに浄土はあるのでしょうか???
浄土ヶ浜
浄土ヶ浜
浄土ヶ浜ヒカキラ
【浄土ヶ浜のピカキラ】 

まだ涼しい頃だったので誰も泳いでいませんが、海水浴場なんですって。
でも私、ここでは絶対泳げません。 浄土に連れて行かれそうで怖~い
浄土ヶ浜
浄土ヶ浜
浄土ヶ浜

写真ではよく分かりませんがが、水の色はエメラルドグリーンでとっても綺麗
But、ガイドブックでよく目にする浄土ヶ浜の絶景ポイントはここではありません! 
テクテクこんなに歩いこなくても展望台は駐車場の横にあったのですよ。。
ま、海をバックにピカキラの写真も撮れたから良しとしましょうか

浄土ヶ浜ヒカル
浄土ヶ浜キララ
浄土ヶ浜ヒカキラ
ヒカルのリードがとっても残念 撮ってる時は気が付かなかったな~

浄土ヶ浜ヒカキラ
浄土ヶ浜ヒカキラ
浄土ヶ浜

この後は遠野を目指して走ります。 夕暮れ間近 【浪板海岸】 を通りました。 
浪板海岸
寄せては寄せる波?波 一見何てことない砂浜ですが、ここは『返す』波がない、珍しい片寄波の海岸なんですよ。

遠野に着いた頃には、すっかり暗くなっていました。
この日泊まったのは遠野駅前にある 『ホテルきくゆう』
お部屋は結構綺麗だし、お料理は手の込んだ家庭料理という感じでとても美味しかったです
宮古の道の駅で牛乳瓶に詰め込んだ今が旬の生ウニが、確か1200円とメチャクチャ安かったので、持ち込んでウニ丼にして食べたのが激ウマでした
お腹が空いていたので、写真も撮らずに食べちゃいましたが。
ちなみに朝食はこんな感じ ↓
ホテルきくゆう

この日の移動距離は、十和田湖~遠野まで一般道で280km。 
遠野では河童に会えるでしょうか河童
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。