スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Snow Monkey
旅行2日目。

朝食は臼井館で
朝から食べきれないぐらいたくさん!それに手が込んでて美味しいんです。
早起きして散歩がてら善光寺詣りに、の予定が前日に済ませてしまったので、朝食後はすぐに長野市を出発して・・・

約1時間で『渋温泉郷』に到着。
近辺には湯田中温泉など泉質の異なる9つの小さな温泉が点在していて、その中でも渋温泉は木造建築の老舗旅館が並ぶ風情ある温泉街です。

渋温泉

その中でも目を引くのが 『歴史の宿 金具屋』
渋温泉 金具屋
千と千尋の神隠しのモデルになったのでは?と言われる旅館です。
館内は以前TVで見たんですが、意匠が凝らされていて凄いんです!
まるで油屋 連れでない方は是非!


あっそうそう、目的地はここではありませんよ↑
この温泉街を通り抜け、山道を登った先にある ここ
地獄谷野猿公園へ

“温泉に浸かるお猿さん” で有名な 地獄谷野猿公苑 です。

とは犬猿の仲? 
残念だけどお留守番してもらわないといけません。
外敵ですからネ ピカキラは。
幸いの曇空、暑くなくて良かった

車でお留守番


さてさて、車を置いてすぐに見られるのかと思いきや、結構歩く
山道を20分位歩きます
地獄谷野猿公園へ1


道中辺りを見回すと、あちこちにが。
かなりの数が生息しているもよう  のところ
あっちこっちにお猿さんが

随分上がってきたところに間欠泉の “地獄谷噴泉” が噴き出ていて、
ここから上が野猿公苑です。
地獄谷噴泉

お猿さんたち
兄弟

まぁ!!! なんて可愛いんでしょ~

私、サルを可愛いと思ったこと、一度もありません。
というより苦手。。
荒らす、凶暴、すぐ怒るというイメージが強かったので。 
でもここのお猿さんたち、穏やかすぎる~
喧嘩する子なんて1匹もいません。
みんな仲良く遊んだり温泉に入ったり、平和そのもの
人間にも慣れていて、どんなに近づいても、至近距離でカメラを向けても全然大丈夫なんです。


お母さんがずーーっと毛づくろい中
毛づくろい


そして!          

気持ちよさそうに入ってましたよ~ 
さすがにこの時期は熱いのか、出たり入ったりしてたけど。

温泉猿

温泉に浸かって

いい湯だな

外国の方にも大人気なんですよね~
確か7番か8番だったかな? 訪れたい日本の観光地ランキングの。

だいたいサルは熱帯系の動物で、ニホンザルは世界で最北端に棲むサル。
なので英語でニホンザルのことを Snow Monkey と呼ぶのだそうです。
欧米諸国にはサルは生息していないので、雪景色の中  
なんて絵はとっても珍しく興味をそそられるらしいのですよ。


皆さん、記念撮影をしていたので私たちも。

記念撮影

怒られる
わたしも~~    と嬉しがって撮ったのですが!!!

このお猿さん、他の人には普通にしてたのに、何故かわたしの時だけ思いっきり睨まれてしまいました
さて、これ↑ 何がいけなかったのでしょうか 
                   ・
                   ・
実は、上げた右手がいけないんですって! (と言われました。。)
私の方を見ていなくても、気配で叩かれると感じたようなんです。
焦るわ~~  平和な空気を壊すところでした

親子
兄妹
仲良し

野猿公苑、実はそんなに期待してなかったんですよ。
でも来た人はみんな笑顔笑顔。  ホント楽しかった~
微笑ましくて愛らしくて、お猿の楽園ような所でした。


帰り道
可愛いサルたち

の写真もないのに、力が入って話が長くなってしまいました。
印象深かった、ということで。。

この後は、志賀高原を通って草津温泉へ          つづく。
スポンサーサイト
松本城 ~ 善光寺
8月も残りわずかだというのに、いつまでも暑いですね
日にちが空いてしまいましたが、前回の上高地のつづきを。


  国宝 松本城

記念撮影


上高地の沢渡駐車場を出てから約1時間で到着。
山の涼しさから一転、なんかムチャクチャ暑いんですけど

暑さのせい??  いえ、睡眠不足が祟ったのでしょう。
お城へ向かう大通りの歩道で、ヒカルが下痢Pしてしまって
処理、大変でした。
毛につくし暑いし、人は見てるし

ヒカchan ゴメン。 無理させたかな?

ヒカル下痢Pの後
                      こんな顔して下痢Pしたばっかり

ということで、天守閣には上らずにササッと記念撮影だけしてきました。
晴れていれば、お城の向こうに北アルプスが見えるんですよ♪


築城は1504年。  天守は1593年頃に造られた、現存する五重天守の中では日本最古のお城だそうです。
写真では伝わらないかもしれませんが、とっても美しい~のです。

由緒書


松本城 & ピカキラ
松本城
松本城 3人で
松本は暑かった。

毎日猛烈な暑さが続いてますが、始まりは梅雨明け頃、突然の猛暑に見舞われたんですよね。 この日は正にその初日
の負担にならない涼しい場所を・・・のはずだったのですが


松本城を出て、蔵の町並みがある『中町通り』をブラっとしてみました。
中町通り

白と黒のなまこ壁の土蔵造りの家が軒を連ねていて、個性的なお店がたくさんあります。
その中でもタクシーの運転手さんお勧めの、民芸家具屋さんと漆器屋さんに暫しお邪魔。 とっても素敵で、目の保養をさせて頂きました。

蔵の町並み
カレー屋さん
 カレー屋さん。 ランチはここで 美味しかった♪


松本はこれぐらいにして、1日目の宿泊先の長野市に移動
上高地の悪天候や、ヒカルの下痢Pで時間が余ったので、翌日観光する予定だった 『善光寺』 へ行ってきました。

仁王門  仲見世通り 山門  本堂 へと続きます。
 

先ずは仁王門から 大正7年に再建。 
仁王門 全景
仁王門

両脇に立つ 『阿形』 と 『吽形』  
実物はかなり迫力があります。
阿形 吽形

仁王門をくぐるとすぐに、お土産物屋さんや、美味しそうなお店が立ち並ぶ
仲見世通りが続きます。
仲見世通り

山門  1750年建立の、国の重要文化財。
2階からは長野市の眺望が楽しめます。
山門
額
下からはそんなに大きく見えませんが、畳3畳ほどもある大きな額で、
文字の中には 「鳩5羽」と、「牛の顔」が隠れているそうです。
わかりますか?


本堂  国宝 1707年に再建。
中は撮影禁止なので写真は無し。
本堂1
s-H25-8-8-16.jpg
本堂に入ってお参りした後は、有名な?“お戒壇巡り” をしてきました。
以前友達が 「スゴク良かったよ~」 と言ってたので。

そのお戒壇巡りとは・・・
本堂一番奥にある内々陣の横の階段を降りて行き、絶対秘仏が安置されている瑠璃壇の下の真暗な回廊を歩いて、暗闇の中で“極楽の錠前”なるものを探り当てるというのです。
「ホント真暗だよ~」 とは聞いてたのですが想像以上
出口にたどり着けるとわかっていても、凄く不安になるぐらい真暗。
私だけ出られなかったらどうしよ~ って焦りましたよ~

で、極楽の錠前はというと・・触れずじまい
極楽には行けないのでしょうか??

山門を出てすぐ右にある 「大勧進」というお寺。
浄土風なお庭が美しい。  
大勧進

一日目の宿泊先は、長野市では唯一ペットOKな『臼井館』
善光寺からすぐの所にあるビジネスタイプのお宿です。
立地が良くてお部屋が広くて、なんと言ってもお安い。
宿の方はとっても気さくで、連れのご家族も何組か来てらっしゃいましたよ。
長野市に行かれる方は是非! お勧めです。

夕食は付いてないので、外をブラブラ。
少し歩けばいっぱいお店があって、私たちが入ったのは 『能登』 という居酒屋さん。
長野で日本海の海の幸をたくさん頂きました 美味しかった~
上高地
もう1ヶ月ほど前の話ですがボチボチUPしていこうと思います。

久しぶりの旅行。 何処行こう~やっぱり景色が綺麗で涼しいところだよね
の負担にならないような

と、いろいろ悩んだ結果 信州に決定!
7月6日 最初の目的地、上高地へ向かいました

夜中に到着、車で少し仮眠 朝一、山を目指します。
↓ こんな景色を期待して  (画像はガイドブックから拝借しました)
上高地

上高地はマイカー規制をしている為、麓の沢渡の駐車場に置いて、バスかタクシーでの移動になります。
念の為、事前にワンコの入山OKかを観光協会へ問い合わておきました。
でも反応がイマイチ。。
禁止していないとは言うものの、来てほしくないような。。。
それでもワンコ連れで歩いてる方もいらっしゃいますよ、とおっしゃるので、行くなら今でしょ! ということになって。 
だってね、最初の候補地だった立山~黒部アルペンルート
禁止なんですって。
上高地も近い将来、禁止になりそうですよ。 多分。。


さて、問題は歩く時間。
折角なので主なスポットは出来るだけ散策したいところですが、ヒカルは歩くのが嫌い。 
すぐに抱っこしてくれーーとせがみます
なので短い時間で上高地の雰囲気を充分に感じられるというコースを歩いてみることにしました  

 大正池 → 田代池 → 河童橋 → 岳沢湿原 → バスターミナル 
                             (上高地散策マップ)


気になるお天気はというと・・。
残念なことにドヨーーンとした
天気予報では晴れるって言ってたのに(泣)
まっ雨が降ってないだけでもいいか! 
と気を取り直して、散策の始点 大正池に向かいました

久しぶりの上高地。 楽しみ~  ワクワク

       ・
       ・
       ・
で、タクシーから降りた地点がここ ↓    
大正池、田代池を通り過ぎ、上高地帝国ホテルの前 
上高地帝国ホテルから
 
運転手さん曰く 
「昨日まで大雨でね~ 大正池なんて川になってますよ。 
立ち入り禁止。 あっ田代池のところも立ち入り禁止だ。」
ですって。。


ショックです 濁った梓川と
濁流

低い雲の下からわずかに見える穂高の山々には、まだ残雪が。 
残雪


ということで、予定を変更してコース途中からの散策です。
雨が降ってないだけでも良しとしないと

穂高橋

六百山 霞沢岳

ウエストン碑


途中、川原に出て写真をパチリ
まだご機嫌よさそうなヒカchan
この日は何故か抱っこを要求しませんでした。 よく歩いてくれたね
川原で1
川原で2

30分ぐらい歩いたでしょうか。 河童橋が見えてきました。 
川沿いには宿泊施設が並んでいます。 
OKなら泊まりたいな~(無理です)
河童橋もうすぐ


一番の観光スポットである河童橋ですが、朝早かったので観光客が少ない。
今のうちに写真を撮っておきましょう。
河童橋ピカキラb
河童橋ピカキラ
河童橋で記念撮影
それにしても、一番上の写真と同じ場所とは思えません。
ラムネ色に透き通った美しい梓川が見れなかったのは本当に残念。


河童橋の上流には、明神岳が崩落して堰き止められて出来た明神池があり、モデルコースとなっています。
でも行って帰ってきたら3時間ぐらいかかりそうなので、ピカキラには絶対無理。。
途中の岳沢湿原まで行くことにしました。

木々が生い茂る森の遊歩道のを歩いていると、綺麗な渓流が。 
岳沢湿原へ
お日様も出てきたのでお天気良くなってくれるのかしら 
と一瞬期待しましたが・・・  パラパラ小雨が。
変わりやすい山のお天気。

進むにつれて、道は前日までの雨でぬかるんでいます。
ふたりともお腹のあたりはビチョビチョに
お天気もヤバそうなので、岳沢湿原は諦めて引き返すことにしました。
いつか必ずお天気の良い時を狙ってリベンジするぞー!


3000m級の山々が連なる穂高連峰の稜線!
のはずだったんですけどね。
ヒカルの後ろ辺りに、日本で3番目に高い 奥穂高岳(3190m)があります。
穂高連峰



10時を過ぎた頃には、これから山に登る人たちや観光客の方でいっぱい
大変な賑わいです。
記念撮影

こうしてブログを書いてると、数十年前の夏休み、学生時代クラスのみんなと上高地に来た日のことを思い出してしまいました。
あの頃と自分はなんにも変ってないつもりなのに、月日だけ随分経ってしまったな~って。
遥か遠い日の記憶が蘇って、ちょっとしんみりしてしまいました。


今回お天気に恵まれなかったれど、それでも上高地の素晴らしさは感じられましたよ。 また必ず来たいと思える場所でした。
帰りのタクシーに乗った途端に大雨
諦めて引き返してきたけれど、ちょっとはツイていたかも??

運転手さんに、上高地はいつが一番良い時期かをお聞きしたら、
 
5月中旬~6月の梅雨までの季節

新緑と残雪残る山のコントラストが素晴らしいとか。
紅葉の頃以上に美しいそうなので、行かれる方はその頃に是非!


穂高連峰をバックに
ヒカchan キラchan 来年の新緑の季節には、また来ようね

予定より随分早く上高地を後にして、次は松本へ向かいました。   つづく。 
Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。