ヒカル、モテない理由
日増しに暑くなってきましたね
このところの梅雨空続きで、家に籠りがちでしたが、World Cupのお陰で、随分楽しく過させてもらいました。
面白かったですネ!!!
残念ながら昨晩負けちゃいましたけど
単純にわかファンの我が家、もう暫く寝不足な日が続きそうです。

私たちが夜中~朝方までTVを見ているせいで、ピカ☆キラも毎日眠そうな様子。
雨でお出掛けもままならず、つまらなそうにしています。

そんな梅雨の合間のお天気の日。
家から車で5分ぐらいの所にある公園へ行きました。
ピカキラ公園
この公園はがたくさん来ていて、通りがかった時にはよく立ち寄ります。
一応ノーリードはですが、みんなちゃんと躾が出来ていてフレンドリー。
リード無しでも飼い主さんの傍を離れないお利口さんが多く、いつも感心させられます。

残念ながら我が家のヒカちゃん、決してリードを外す訳にはまいりませんが ↓
pikapome2anigif.gif

お利口そうなお目目をしたポメちゃん。 
変ったいきものを見るかのような表情です。
誰も遊んでくれないのは、自分の忙しすぎる動きが相手をドン引きさせているから、と分かっているのでしょうか?

こんなモテない不憫なヒカルに引きかえ、不思議なことに、いつでもどこでもどんな時でもワンコにモテモテなのが、我が家の ↓
pikapome 2
股の間に入り込んで・・・             ボクちゃんと遊ぼっ!

pikapome 1
ヒカルを撃退            

ガウられて、それでも嬉しそうなヒカルです。
・・・というより、ガウられることに喜びを感じているドSなヒカル、が正しいかと?
しつけ教室でもそうですが、吠えられて益々テンションなヘンな子です

ちなみにワンコ嫌いなのに、キララはいつもモテモテ
キラchanモテる?
       
そしてワタクシ、何故かワンコにはモテません  
なんでだろ???  もっと人を見る目養えよ!?ってね。


お会いする子たちが皆お利口さんで何事もなく助かってますが、ヒカちゃんもいい年なんだし、そろそろこういう態度、やめてくれれば幸いでございますよ。
ま、おバカさんな子ほど可愛いといいますけどね。
キララの災難。
キララひとり車でお留守番させたら、機嫌悪くなって焦った・・・ なんて、どうでもいい話を ↓に書きましたが、そんなキラちゃんにまたまた災難が。
キララにとって散々な一週間になってしまいました。

災難の原因は                
カインズペットカート
あっ、ヒカルじゃありませんよ! 
ちなみに後ろの鳥かごのフクロウでもありません。

実は、ペットカートから転落してしまったのです・・
カインズペットカート

こうして書けるのは怪我がなかったからで、ご心配は要りませんよ。
しかしその瞬間は、今思い出しても恐ろしくなる光景でした・・。

                      

しつけ教室へ向うカートの中、この日もふたりキャーキャー騒いでおりました。
キララは元々興奮性ではなかったのですが、ヒカルのフリ見て伝染ってしっまったようで、大変な騒ぎようです。
そしてレッスンスペースまで来たその時(前を歩いている私が振り返った瞬間)、頭から落ちてしまったのです。

ハヅキちゃんやゴンちゃんに早く会いたくて気が急いた?
・・とは考えにくい。 だってこんな耳になっちゃいますから
                        
キララどんより。
耳が
に囲まれて、バセットちっくなキララ。
ワンコ嫌いなキララにとって、しつけ教室は楽しみな場所ではありません。 
反対にヒカルは楽しくて、耳が仮面ライダー


多分キララは、前を歩く私を後追いしたのでしょう。
落ちてからの様子はというと・・・
抱き上げようとすると悲鳴を上げるし、目は充血していて薄っすら膜がかかっていて、歩き方もヨタヨタしています。
すぐに病院へ!という私たちに、先生が、

「少しだけ様子みてみましょう。 痛いだけかもしれないですよ。」

頭に何かあったら・・目が見えなかったら・・足が折れていたら・・・ 
ほんの短い時間でしたが、いろんなことが頭をよぎり心臓が凍りつきそうでした。
一刻も早くキララの無事を確認したい、食いしん坊なキララのこと、大丈夫なら食べるに違いない!? その一心で、

「キララオヤツ! オヤツ食べてみ!!」

・・・・・良かった! 食べてくれました!!!  
この時だけは 「食べる=大丈夫」な証拠と信じ、いっぱいあげました。 

目は暫く充血していましたが、帰る頃には元の状態に戻っていました。
怪我をしなかったのは不幸中の幸いかもしれません。
トレーナーさんの話では、ペットカートから落ちる子は多いとか。
このような事故は充分考えられる事、注意しておくべきでした。 
大反省です

さて、痛みも治まって、キララの様子はいつもと少し違っていました。
おとったん大好き?
                 『おとったん、大好き

おにいちゃんのそばからはなれないのですよ。 普段懐かないのに珍しい
ずーっと抱っこしてもらっておやつをいっぱい貰って、心配してもらえて嬉しかったのでしょう。
痛い思いをしたというのに、ワンコっていじらしいですね。
キラchan、すねる。
キララはどんな時も常に陽気
疲れている時や落ち込んでいる時、お日様のような笑顔で私の心を和ませてくれます。
最近徐々に人見知りをするようにはなりましたが、家の中ではヒカル以上に賑やかで、“ヒカル命” のおにいちゃんが 『ヒカル~ヒカル~』 とえこひいきしたところで、ひねくれる事もなく、とても素直で良い子に育ってくれました。
特に私のことは大好きで、

 「キラchanキラchan、世界で一番好きなのはだ~れ?」
kirarin
           「おかったん だ~~~い好き」

寝る時は同じ枕で寝て、仕事中はキーボードと私の間・・・  24時間、私の半径50cmがテリトリーの、かなり迷惑なお子なのです。
そんなキララが私に対し、あれほど不機嫌な態度を見せつけるなどとは思いもよらぬことでした・・。

事の起こりは日曜日。
和歌山の実家に帰る途中、買い物をしようとゲージに入れて車でお留守番をさせたのが発端でした。
いつもならバッグに入れてこっそり連れて行くのですが、生憎の雨
ピカ☆キラは車でお留守番してもらおうよ、という私に対し、
(ヒカ担当) 『可哀そうやから、ヒカルは連れて行く。』 

しかしキラ担当の私、傘さして重いキラちゃんは大変なので、キララだけお留守番をしてもらうことにしたのです。 一度ならずも二度三度。

実家に着いて、はじめのうちはキララの態度の変化に気が付きませんでした。
しかし私と遊んでいるマロンちゃんに対し、フガーーー と襲いかかるのです。 
見かけによらず気が強いキララですが、その態度があまりにひどい
そしてよくよく見ると、私を見る目も、怒りに満ちている事に気付いたのです。

ヤ、ヤバイ・・。 荒れてる(汗)

今まで見た事のない、キラの冷たい視線でした。

おかっさんおかっさん♪ と慕ってくるキララが、なんでこんな目をしてるの? 
その日の自分の行動を思い起こしました。
そしてハタと気が付いたのです。 
キララをひとり車に残してしまった事を。

 キララごめんよ~ こんなおかっさんを許しておくれ。
キラchan怒る
                許せへん!!!

     
       -キララの機嫌の悪さは、次の日も続きました-


キララ冷めた目
キラちゃ~ん、そんな冷めた目でおかっさんのこと見ないで・・

キララご機嫌直った?
早くいつもの明るいキララに戻ってよーー。

ってご機嫌とって皆でチヤホヤしてたら、今日はいつものキララに戻ってました。
これでひと安心。。 ほんま焦るわ~~
 
キラリン笑った

おにいちゃんはともかく、私はふたりを同じように可愛がっているつもりですが、ちょっとした事でえこ贔屓をされたとか、理不尽だとか考えてるんですね。 
こんな小さな頭で。
αで連写
電気屋さんのおにいさんが言うには、 
「“α550” は連写の際、1枚ごとにピントを合わせるんです!
 ワンちゃんのいるご家庭にはぴったりですよ。」 

この言葉がこの機種を選んだポイントのひとつであることは間違いありません。
室内連写は???な出来栄えでしたが、きっと外では大丈夫なはず!!
滋賀で試し撮りにピッタリな場所があったので、ヒカルで実験してみました ↓


うんうん!!ボケてないし なかなかよさそうです。 
それにしてもヒカルったら可愛いわ~ 草むらの天使ちゃん

もちろんキララだって走る姿は可愛いんですよ。 
でもキラchan、放牧する訳にはいきません。
公園で ピカ☆キラchan
この方、以前この場所でフリーにしたら、調子に乗って大暴走
追いかけてこけてしまった前科があるのです。
道路まで近いので油断できません。

5月は季節外れの寒さにビックリさせられる日もありましたが、6月に入ってすぐのこの日は暑からず寒からず。 とても気持ちの良い一日でした
ヒカルもキララも、爽やかな笑顔です。
ピカ☆キラchan
公園で ピカchan
公園で キラchan

ピカ☆キラchan
長時間、陽のあたる場所にいて疲れさせてはいけないと思い、日陰で休憩。
ふたり並んでいると、仲良さそうねと言われますが、なんのなんの。
私の膝を取り合ったりしては、日々小競り合いに勤むおふたりさん。
なので、たま~に一緒に走る姿を見ると、とても感激してしまうのです。


公園で ピカchan
             『おかったん、疲れた。』

この後車で約1時間半移動し、しつけ教室へ。
後で分かった事ですが、確かにこの時、ヒカルの顔は疲れていました・・。
教室には先生のお預かり犬の新顔キャバリアちゃんがいて散々遊んだ・・・というかヒカルが勝手にキャバちゃんの周りを飛び跳ね、ちょっかいかけては大変な喜びようだったのですが、帰り間際、突然ヒカルの動きが止まり、固まってしまったのです。
多分外で長居をしたのと、キャバちゃんに異常に興奮しすぎたからでしょう。
家に帰っても物陰に入り込んで出てこないは、丸一日、大好きなお肉やオヤツでさえ食べようとしませんでした。 
これで食べなければお医者さんに連れて行こうか、と話していた矢先に食べてくれたので、少し安心しましたが・・。
加減の分からない子なので、はしゃぎすぎた時はこちらが気を付けて、自制させなければいけませんね。 反省です
Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.