スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24日はヒカル4歳のお誕生日でした。
生後22日目、初めて会った日のヒカル。
ヒカル生後22日
こんな顔でも我が家では 『なんて可愛いの~』 となりますが、客観的に見てこの時はなんだか得体のしれない生き物でした・・。

初対面の日から約4年、アッという間の4年間です。
と過す月日はなんと早いのでしょう。
ヒカルchan、可愛く可愛く育ってくれました
ヒカル4歳 誕生日
      『とっくに過ぎたけど、24日はボクのお誕生日でした。』


毎年恒例、お誕生日を迎えると、生まれた頃の写真を引っ張り出しては懐かしんでしまう私。 ヒカルもこんな小さい時があったのね~・・なんて。
ヒカル家に来た日
【PFにお迎えに行った日】
微かにミルクの匂いが残っているような、まだまだ赤ちゃんといった感じ♪
ところが一見軟弱、実際軟弱なのですが、決して諦めない性格を持ち合わせていて、サークルに入れる度に100%脱出し、初日からドアの前でミャ~ミャ~私が戻るのを泣いて待っている、そんな子だったんですよ。
出てこないようサークルに蓋をしてもそれは同じことで、2時間でも3時間でもよじ登っては落ちよじ登っては落ち 終いに蓋をこじ開ける始末。
怪我をされては困るし結局は人間が根負け、2日目から一緒に寝るようになり、服の中に入れてどこにでも連れて行くようになり・・。 
人間のルールに合わせられる子に育てよう!という意気込みも一瞬でパァ
気が付けば私たちが飼い慣らされていました。 
・・・って、いつもの事だったりして??

ヒカル3か月頃
【生後3ヶ月頃】
ヒカルが来て、ようやく笑うことが出来るようになった私たち。
オバカさんであどけないヒカルに、どれだけ救われたかわかりません。
それでもチャンピィの話をして大泣きしてしまう私に両親は、
「こんな可愛い子、見たことないわよ!」 とワンコ嫌いな父まで一緒になって、可愛い可愛いと言ってくれました。
甘やかしすぎたかもしれません。 
ヒカル命のおにいちゃんなんて、ヒカルには絶対怒らないし。

一緒にご飯を食べる至福のひととき
ヒカル4歳 誕生日
        「ヒカルとご飯食べたら美味しいわ~

お陰でこの子、人遣いが荒い荒い こき使われてます。
ヒカル4歳 誕生日
               『ボクの為に働くでつ。』

ところでこの日のヒカル、ちょっと寂しそうに見えませんか?
実はこの時キララがショーに行ってて、数日間家にいなかったからなんですよ。
いつも意地悪ばっかりしてるくせに、いないとが変わったように静かで、
「ヒカルそんなに落ち着いちゃイヤ~
と、こっちが泣きたくなるぐらいお利口さんでした。
ヒカル4歳 誕生日
ヒカル4歳 誕生日
                  『キラちゃん、どこ・・。』

この前なんか私、もの凄~~く意地悪なところを目撃していまいました。
キララが寝てる時、ヒカルがお腹すいたと言うのでこっそりオヤツをあげたんです。 そしたらそれを、わざわざ寝てるキララの顔の前に置いて
どうするのかなぁ?と見てたんですけど、どうしたと思います?
そのオヤツ、キララが目を覚ますまで待って、目覚めた途端寝ぼけマナコのキララの前で美味しそうに食べたんです
可哀想にキララ、微かに残るオヤツの匂いをずっと嗅ぎ続けておりましたよ。
そんなことして楽しいかなぁ? ヒカル君。
ヒカル4歳 誕生日
                 『キラちゃん、ごめん。』

キララがいなくてそんな寂しそうな顔するんだったら、これからもっと優しくしてあげなきゃね♪
ヒカル4歳 誕生日
                    『あい!』

ありゃりゃ? お誕生日だというのに、チクッちゃってますね~ 
こりゃいかん名誉挽回ヒカルって本当は良い子なんです!!
ヒカル4歳 誕生日
                   『今さらなに?』

いや、ホント。 性格は無邪気で面白いし、顔はもちろんカワユイ
そしてヒカルの! よく褒められるんですが、ツルツルしててずーーっとナデナデしてたいぐらい気持ちがいいんです~
ヒカル4歳 誕生日
実はヒカルのオチリも可愛いの うふっもも

・・・あぁ私としたことが、また可愛いを連発してしまいました。。
「賢いや可愛いやらばかり言ってると、ヘンな人だと思われるから気をつけなさい。 ワンコだからまぁいいけど。」
と母に注意されます。 これが人間の子供だったら、完璧ヘンだって。
今日はお誕生日だから、このぐらいいいよね~
ヒカル4歳 誕生日
             『もう、お誕生日過ぎたけど!』
スポンサーサイト
2日間、ドッグショーに出てました。
先週末、広島と岡山で開催されたドッグショーに、キララ2日間参加してきました。 
その時のお写真が、ハンドラーさんのMちゃんちから届いたんですよ♪ 
中国インター

私たちも行く予定にしてましたが、何せこのところの忙しさといったら
残念ながら応援に行けませんでしたが、すかっり仲良しのMちゃんと、元気に頑張っていたようです。
中国インター
              『おかったん、それ食べたい』

ショーの3日ほど前からMちゃん宅で合宿生活をしていたキララ。
姿が見えなくなるとピーピー後追いするんですって。
寂しがっているんじゃないかしら??なんて心配は不要のようです。

日曜日、『中国インターナショナルドッグショー』 での様子。
審査員はアメリカの方です。
中国インター
中国インター

前日のクラブ展では珍しく尻尾が下がってしまい、落ち着きも無かったと聞きましたが、2日目の方が動きは良かったそうです。
インターに出るのは昨年暮れ以来で、Mちゃんとコンビを組んで初めての事。
インターは出陳頭数が多くてキララには荷が重く、クラブ展で気楽に楽しむのが丁度良いのですが、今回恥ずかしながら大舞台に出ちゃいました!

CHクラス、7頭。 やっぱり多い~~ 
INT.CHを目指しているような素晴らしいパピちゃんたちです。
中国インター
中国インター
キララ、一応真面目に立っています
この子、時々お座りしたりお手したりするんですよ。 フセはまだした事ないけど。
ヒヤヒヤさせられるわ~

中国インター
結果は当たって砕けてしまいましたが、たまには頭数の多い中で並んでみるのもいいのかも。
お世話になったMちゃん、いつも楽しませてもらって本当にありがと~
これからもキララのこと、ヨロシクね!

前にも少し書きましたが、Mちゃんは我が家の仕事が縁で知り合ったお宅のお嬢さんで、とても若くて頑張り屋さんなんです。
お父様と初めて電話でお話しした時は、こんな御縁があるだなんて夢にも思いませんでした。
お家には素晴らしいダックスちゃんたちがいて、この日MSダックスで男の子女の子共にBOBを獲得、女の子はなんとオーバースペシャルしたそうです。 
おめでとうございます

            牧草        牧草        牧草
ドッグショーが終わった後は、いっぱい遊んでもらったようです。
クールな表情を見せていますが、これは偽りの姿で・・。
H21.10.17

一旦走りだすと訳の分からない物体に変身~毛玉?それともダンゴ虫??
H21.10.17
H21.10.17
止められない止まらない♪
自分ではメチャカッコイイと思っているようで、得意気な顔して走る走る
家でもヒカルをフンガ~と威嚇しながら、素晴らしい?走りを見せつけます。
「キララの走る姿、可笑しいね~」 と笑われているとは露知らず

H21.10.17
H21.10.17
楽しそ~なキララ  キララってホントに明るいわ~
キララ、3歳になりました。
初めて会った頃のキララ 
キララ 1ヶ月半

10月13日は、キララ3歳の誕生日でした。
我が家は相変わらずバタバタな日が続いてて特別な事はしてあげられなかったけど、心の中でいっぱいお祝いしてあげてましたよ
そうだよねキラちゃん!?
キララ3歳誕生日
            『いつものゴハンしかくれなかった!』

顔に似合わずその旺盛な食い気から、"キラゴン”と呼ばれているこのお方。
我が家に帰って来て1キロ近く太ってしまい、ただ今ダイエット中の身。
一度死ぬほど食べさせてあげたいけれど、心を鬼にしていつものゴハンです。
今週末にはこそっとドッグショーにも出るしネ!てへへ・・。
キララ3歳誕生日

このところ旅行記と化してしまったこのブログ、今日は誕生日記念!?キララの素顔を暴露します。
先ずはヒカルとの関係ですが・・。

キララ3歳誕生日withヒカル
「近頃ヒカル君と仲よさそうね。」 写真を見てそう仰って下さる方がチラホラ。

確かに小競り合いは少なくなりつつありますが、"好き” とはほど遠い間柄。
多分ヒカルは遊びたいのにイケズな性格上、友好的に遊ぼ~と誘えず、キララを鼻で小突きまわすのですよ。
キララは一見大人しそうに見えますが、実はかなりのイケイケ娘で、大きなワンコにでもフンガ~~とかかっていくぐらい喧嘩っ早い江戸っ子気質!?
こんなふたりが  『譲り合いの心』 なんて持ち合わせているはずもなく、お互い自分が上である事をセコセコ見せつけあっています。
そんな小競り合いの原因のひとつが、実は 
私やおにいちゃんがいなければ並んで横になってたりするくせに、私たちが入ると俄然闘志が沸くようです
でも喧嘩の仕方がセコクて、笑っちゃうんですけどね♪
キララ3歳誕生日withヒカル

キララはとても順応性のある子で、我が家に来てすぐにヒカルと同じ生活スタイルを身につけました。
ゲージは絶対嫌! お留守番なんて出来ない!! 誰かにひっついていないと寂しいし、ちょっと離れただけでピーピー泣く。。。
ハウスに入れられそうな空気を感じるや、まるで死にかけのゴキブリのごとくヨタヨタ歩き、私と目が合うとひっくり返って手足をバタつかせ、それだけはご勘弁をと悲鳴を上げる。
お調子者なのか役者なのか???
こんなキララを何故か叱れない私。 無邪気なキララを前にすると、叱る自分が意地悪に思えてしまうのです。

そうそう最近ご無沙汰気味のしつけ教室ネタですが、今も細々通っておりまして、いまだ芸のひとつも覚えておりません。
キララはだんだんしつけ教室でハシャがなくなり、オヤツを食べる時だけは生き生きしてますが、それ以外はドヨ~~ン。 
その原因はこのオヤジたち↓ モテモテなんですよ!
キララ3歳誕生日
キララ3歳誕生日
キララを下ろせと遠吠えするゴンちゃんと、大きな体で飛び跳ねて誘うテリー君。

ゴンちゃん5歳 用心棒です。 詳細は→こちら
キララ3歳誕生日 ゴンちゃん

テリー君8歳 
キララ3歳誕生日 テリー君
「キラちゃんあそぼ~~~」 と言い寄られてます。
いいなぁキラちゃん、モテて。

こんなキララですが学習能力は非常に高く、チャンピィの妹のことはあるな~と思うこと度々。 顔もチャンそっくりだし
私が言うのもなんですが、凄く頭が良いんです!!
ヒカルの甘え方を観察していて、次には先回りしてそれをしてしまい、勝ち誇った顔をしてヒカルをアタフタさせる頭脳犯でもあります。
2歳で家に来てどうだろ~と少し心配でしたが、言葉を理解するのも早く、ダメな事を教えると即、してはいけない事だと理解出来るし、日が経ってもちゃんと覚えていて、賢~~いと感心させられます。
旅行中もゲージでは寝てくれませんが、毎日宿が変わる度にトイレシーツを置きながら、「ここがトイレ!」 と言い聞かせれば、今まで一度も失敗したことがなく、どこに連れて行っても安心です。

・・・あららイケナイ。 賢いやら可愛いやら自慢話になっちゃいまいましたね
しかし、なんだかんだ言ってキララの一番の魅力は性格がとっても明るいこと。
笑顔はいつもお陽様のようにキラキラしていて、朗らかで、愛情深くて
甘えん坊のふたりに纏わり付かれて大変な時もあるけれど、幸せなひとときでもあり・・。
この子たちと一緒に暮らせる幸せが、長く長ーーく続きますように
7日目 山寺
山寺

               閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声

奥の細道の中でも馴染みの深いこの一句。
7日目はこの有名な俳句が詠まれた 『山寺』 へ行きました。
東北旅行の中では3番目に楽しみにしていた所ですが、これが階段が1000段以上もある過酷な観光名所なんですよ。 (ちなみに1番目は奥入瀬、2番が三陸海岸) 普段歩かないし、上まで上がれるか自信がないわ~~

8時前に蔵王を出発。 
蔵王
山形
山を下りていく途中、山形市内が見えてきました。
この盆地地形のせいで、山形の夏ってメチャクチャ暑いんですよねアップロードファイル

山寺
旅館を出て約40分で到着。 山腹に点々とお堂らしきものが ↑
山寺は山形市の郊外の、長閑な里山の上にありました。

階段を上がって初めに目にするのが 【根本中堂】
立石寺
中には比叡山から移されたという法燈が、1000年以上も燃え続けていますキャンドル

お寺の正式名は 【立石寺】  山寺というのは通称、というか地名なんですよ。
立石寺
山寺 山門
【山門】 パピヨン(うす茶)立ち入り禁止と書いていないので尋ねてみると、
「いいですよ~。 でもワンちゃんどこにいるの?」 
でキャリーバックから出すと、 
「まぁ、そんな狭い中で可哀想に。 歩かせてあげて~」 だって♪
こんなとこ大好き

ということで一家4人、頂上を目指します。 キラちゃん、いいダイエットになるなぁ
山寺 キララ
山寺
途中までは木々に覆われて心地良く、それほど疲れを感じません。

【せみ塚】
山寺 せみ塚
山寺 せみ塚
芭蕉が「閑かさや~」としたためた短冊が、ここに埋められているそうです。

それらしき岩はありますが、今年梅雨明けが遅かったせいか蝉の声は聞けませんでした。 緑が目に沁みます
山寺
山寺

【弥陀洞】 
山寺 弥陀洞
故人の供養の為に彫られたもので、戒名が刻まれています。 
全体が阿弥陀様に見える人には幸せが訪れるそうですが、全く見えない。。
修行が足りへんのかなぁ。

【仁王門】
山寺 仁王門
ここから上は木陰がないので、流石に暑くて大変
私だけでなく皆さん、ふーはーしんどそうです。
下りて来る人の、あと少しですよ~の言葉が背中を押してくれます。

【修行の岩場】
山寺   
お釈迦様のもとに至る行場で、出世や欲望を持った修行者は転落することもあると言われ、現在は行者以外は立ち入り禁止になっています。

【奥の院】
山寺 奥の院
ここまで来たらあと少し。 山寺のシンボル的光景が見えてきました ↓ 
山寺 開山堂&納経堂

山寺 納経堂
断崖絶壁の上に建つ山寺の中で一番古い 【納経堂】 と 

山寺 開山堂
【開山堂】 ヒカ☆キラ、元気に上がって来れました 意外にタフな子たち。
山寺 開山堂&納経堂 ヒカ☆キラ

山寺 絶景
はぁはぁ息を切らしながらも、上がって来た甲斐がある素晴らしい眺め。
一瞬で疲れを忘れさせてくれます。
そしてもう一か所、忘れてはならない絶景ポイントが。
ここまで来ると達成感と入口が見えにくいのとで下山していく人が多いようで、私たちもうっかり見逃してしまうところでした。 
開山堂の脇にある階段を上がると・・・

山寺 五大堂
山寺随一の景観を望める 【五大堂】 があります。

山寺 五大堂
山寺 五大堂
山寺 五大堂ヒカ☆キラ
ヒカちゃんキラちゃん、よくここまで来たね! さぁ撮影するとしましょうか♪

山寺 五大堂 ヒカル
山寺 五大堂 ヒカル
ヒカル君、危険を冒しながらも笑顔 って怯えてる顔だったりして~
山寺 五大堂 キララ
山寺 五大堂 キララ
キラちゃんは平均台の美少女風。 鳥のようにも見える。
ここで暫し休憩。 あまりに気持ち良くて、下りたくなくなります。

山寺
以前ツアー旅行で来た人の話では、下からこの景色を眺めただけだったそうですが、やはり上からの眺めは格別です。 
意外と時間も掛からなかったし、今思えばそんなにしんどくなかった気もする。 
それにヒカもキラも全然元気。
でも下りる時は足に負担がかかるといけないので、バッグに入ってもらいました。

山寺 ヒカ☆キラ
松尾芭蕉翁と記念撮影。 

最後まで元気な笑顔を見せてくれたふたり。
山寺 ヒカ☆キラ
山寺 ヒカ☆キラ
山寺 ヒカ☆キラ
山寺 キララ
山寺 ヒカル
ピカ☆キラの明るくて可愛い笑顔のお陰で、私たち歩けたのかもしれないネ♪

午後は米沢、そしてこの日の宿泊地、裏磐梯へ。        つづく。
6日目 松島~蔵王
私たちが女川を訪れたのは7月半ば。
その時はご覧の通り↓ 静かでのんびりした港の風景でした。
女川

But! 今この小さな港町は活気に溢れているはず。 
何故なら女川は 『サンマの水揚げ日本一の町』 だからです。
女川
数年前、サンマの積み過ぎで転覆し十数名の方が亡くなったニュース、覚えてらっしゃいますか?
それがここ女川での事件。
近くに大きな港はいくらでもありますが、ここでの取引価格が一番高い為、サンマが女川に集まってくるそうです。
港を少し見て回って、松島へ向かいました。

【松島】 
松島
私、とにかく東北は一度も足を踏み入れたことが無く、"日本三景”の松島でさえ初めて。 おにいちゃんは以前大きな遊覧船で観光したらしいのですが、感想は「・・・??」  あまり印象に無いようなのです。
そこで今回、小さな船で案内してもらう事にしました。 船長さんが丁寧に解説してくれます。
松島

波もなくお天気は 絶好の遊覧船日和です
松島
松島

ヒカちゃんキラちゃん、海に落ちないようにね~
松島ヒカル
松島 キララ
                 『あい!』

松島

湾内には大小あわせて260位の島があるそうです。
松島
松島
そのほとんどの島には松など樹木が自生していて、いかにも日本的な風景。
松島の名前の由来は、ここからきたのかな???
松島 キララ
                『そうだと思う!』

そうか、キラちゃんがそう言うなら、その通りなんだよきっと!
ところでヒカちゃん、今日は船大丈夫?
松島 ヒカル
                   『まぁなんとか・・。』

松島
双子島。  

松島
この島は伊達政宗のお気に入りだったんですって!

『この島を城に持って来た者には、存分に褒美をつかわすアップロードファイル』 
と言ったとか。 お殿様は何を考えてるやら???
松島

他にもこ~~んな綺麗な島があるんですよ
松島
逆矢印 似てますが、別の島です!
松島

波の侵蝕と風化によってこんなになるなんて本当に不思議。 
自然の神様の悪戯としか思えません。 
長い年月をかけてこんな薄くなって・・・ いつか無くなってしまうんでしょうか?
松島
松島
横から見たら、みな同じような角度で侵蝕されています。

来る前おにいちゃんが、「松島は大した事なかった気がする。」 と言ってましたがなんのなんの、とっても素晴しい所でした。
松尾芭蕉はこの景色にひどく感激しながらも、一句も詠めずに松島を後にしたそうです。 う~ん、ちょっと分かる気がする。 
あまりに美しすぎると言葉では言い表せないのですよ、きっと。
ピカ☆キラの可愛さを言い表せないのと一緒かもネ!(病)
松島ピカ☆キラ
                  『そうだ!そうだ!!』

松島
松島は大型船での観光よりも小さな船の方が良いみたい。
スピードがあるので同じ時間でもたくさん見て回れるし、島のすぐ傍まで近付いてくれますから。
次は ↑屋根が見えている 『五大堂』 と 『瑞巌寺』 へ。

五大堂
五大堂
【五大堂】

五大堂から見た松島
【五大堂から見た松島】

【瑞巌寺】
瑞巌寺
瑞巌寺
瑞巌寺
瑞巌寺は今年から改修工事をしているので建物の全景は撮れませんでした。
内部は撮影禁止だし。 参道の杉が綺麗でした。

お昼ごはんはお寿司の町 『塩釜』 へ。
塩釜はお寿司屋さんのレベルが高いそうで、しのぎを削っているとか。
その中でもTVによく出る 『すし哲』 へ行きましたが・・・あいにくの定休日。
すし哲

すし哲がダメでも、他にも有名なお店はありまして、お持ち帰り用をお願いすると、こんな可愛い箱に入れてくれました。
この日は暑くてヒカルとキララを車に残せません。 車の中でいただきま~す
亀喜寿司
亀喜寿司
【亀喜寿司】                      『どれから食べよ』

塩釜市場
塩釜の市場ではキンキの干物やかれいを送ってもらって・・・

蔵王へGO
東北道
東北道
相変わらず広々とした田園風景が広がっています。 

蔵王の山道を走っていると↓の看板。 ちょっとトイレ休憩。
滝見台
三階の滝
思いのほか大きくて綺麗な瀧でした。

三階の滝
私のバカチョン、色は霞んでますが結構引っぱれます。

蔵王と言えば 『お釜』
山頂の窪みにぽっかりと出現するエメラルドグリーンの火口湖、御存じですよね? 
あの山の上辺りだと思うけど、どうもお天気が怪しい・・。
蔵王

風が強くてふたりとも出られたもんじゃないし7月なのにメチャクチャ寒~い風
蔵王

きっと無理だろうなぁと思いつつ入口で確か500円位払って駐車場に行くと、目の前真っ白。 
下りて来た人に尋ねると、ほんの数メートル先さえ見えないよ!だって。。 
やれやれ。 そんな事なら入口で今日はダメですよ、と教えてくれればいいのに。
蔵王
どうも山のお天気には見放されがちで、旅行中綺麗な稜線を見た事って無かった気がする
蔵王のお釜ってこんな所です→ クリック

この日の宿泊地、蔵王温泉に到着。 
チェックインする前に、ガイドブックに載っていた大露天風呂へ
蔵王温泉大露天風呂
野趣満点の温泉で、川と森とお風呂が一体となっています。
お湯は山肌から渓流伝いに流れてきて乳白色でツルツル 熱さによって3つの湯船に分かれてます。
立地的に秘湯ではないけれど、森林浴を楽しみつつ浸かっていると秘湯に来た雰囲気を味わえてとってもGood!!
写真は撮れなかったので参考までに →クリック

『旅館 吉田屋』 当日朝に急遽予約をしました。
吉田旅館
硫黄の匂いが鼻を付く温泉街の細い坂道の途中にある旅館です。
旅館の方は皆優しくて素朴、お部屋は古いけれどかなり広くて、なんだかとても落ち着けました。
新しいばかりが心地良いわけじゃないんですね。
お風呂は源泉掛流し、湯の花がハンパじゃなく肌に良さそ~です
安いしここなら何泊しても良いわ~
そう言えば紀宮様も学生の頃、ここで泊まられたようで、写真が飾ってました。

お料理は3種類の中から選べます。 毎日同じようなお料理ばかり食べてたので、すき焼きをいただきました。 ちょっと甘かったかな? 
東北地方は比較的甘~い味付けが多かったように思います。
吉田旅館
翌日は 山寺。 楽しみです♪
Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。