• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しました。
長い間ブログをほったらかしてしまいました。
見に来てくださった方、ずっと更新されてなくてゴメンナサイ。
忙しくて、やらなきゃいけないことがたくさんあって、未だに終わりが見えません。 
季節の移ろいを感じるヒマもなく過していましたが、先日信楽を車で走っていると山の木々はとても綺麗に色付いていました。
紅葉
紅葉
紅葉は始まったばかり?終わりかけ? どっちなんでしょう??
 
            紅葉したモミジバフウの葉02(白い背景付き) †SbWebs†       黄葉したイチョウの葉02(白い背景付き) †SbWebs†      紅葉したモミジバフウの葉02(白い背景付き) †SbWebs†
     
ブログを書けなかった間、私にとって特別な日がありました。 
チャンピィの4回忌です。
きっとこの日の事は、生涯忘れることはないでしょう。
誰のお誕生日より、どんな記念日より一番重い特別な日ですから。

4年前の11月8日、朝私が病院に行くのを窓から寂しそうな顔をして見送ってくれていたチャンの姿、その時いつになく悲しい声でヒューヒュー泣いたそうで、おにいちゃんが 「おねえちゃんはイタイイタイだから病院に行ったんだよ。」 と言うと泣き止んだという事。 
帰宅した時、大騒ぎして喜んだチャンの姿(いつもの事ですが・・)
お昼は一緒にお昼寝して、夕方はチャンピィと遊びながら、「やっぱりチャンって天才だと思うわ。」 と話した事。(何故その時天才だと思ったのか、どうしても思い出せません。 思い出したいのに・・)

亡くなってから毎年この日を迎える度に、最期の日のこの時間、チャンピィがしていた事を重ね合わせながら過している気がします。
今年はこのことに触れるのはもう止めようか・・・とも思っていましたが、チャンが寂しがるといけないので。。
甘えるのが下手だけど、本当は一番の寂しがり屋さんでしたから。
チャンピィ
今もよくチャンの話をするのよ。 こんな時、チャンだったらこうしてたねって。
どうか天国で安らかに。
そして私たちのことを見ててちょうだいね。 

                     4色四つ葉
 
ヒカルとキララは相変わらず元気で、毎日セコセコ張り合っています。
寒くなったせいか私の膝を取り合って、膝を確保できなかった方は机の上。 
今はヒカルが膝で、キララがキーボードの横、気持ち良さそうに丸~くなってニャンコのようです。 
そんなで一日のほとんどをふたりにヒッツキ虫されてる私、身動きが取れません。 
すっごく効率悪いと思うんですけど~

そうそう、先週の土曜日は、キララが大阪の舞洲でのドッグショーに出てたんですよ。 結果はダメでしたが、なんか楽しいんですよね~キララにすれば迷惑な話かもしれませんが・・。
キララがショーに出て歩いてる!というだけで、なんだかワクワクして面白くて。
こんな私たちにお付き合い下さってるMちゃん、いつも本当にありがとう♪

今日は疲れてきたので、この時の↑写真は後日UPします!って出来るかな??
あっ!でもショー会場で会ったShinoちゃんちのパピちゃんがとっても綺麗だったので、是非公開しなければ!!! 
それにまだ東北の話も終わってなかった このままフェードアウトしようか悩み中。 でも最後まで書きたい気もするし。 頑張ろうっと。

で、最後にヒカルとキララから一言。
お見舞い
            早く良くなって、元気になってね♪
スポンサーサイト
一週間の始まりは?
毎週金曜日の朝 我が家では。。。  
「さぁヒカル! 今週もガンバって乗り切るのよーー」 
と気合を注入、一週間の始まりです。
H19.2.22(1).jpg
『おかっさん、金曜とはヘンでつね

しょうがない、内緒にするつもりでしたがコソッと白状しますと実はこれ ↓
ロト6 (木曜日抽選) 毎度のことながらハズレてます。。。
H19.2.22(2).jpg
『ボクが言うのもナンですが、マジメに働いた方がいいでつよ』

やれやれ、ヒカルに言われなくたって働いてますよい―っぱい!
ま、毎週買った所で当たりそうもないし、ヒカルの言うとおり止めとけばいいのですが、そうもいかない事情もあるんです・・・ 
毎回2&3 計5名の誕生日を組合せた数字を買うのですが、もし買い忘れてその数字が当たってた! なんて事になったら考えただけでもおーー それがよもやキャリーオーバー4億円!なんて日には   止められないって訳ですよ。
で、万が一当たった時の心の準備は ちゃ~んと青写真も出来上がってて、卒倒しないようにイメージトレーニングは万全ですから

「ヒカルッ! ヘコタレずについて来るのよー!!」
H19.2.22(3).jpg
『おかっさん頭は大丈夫でつか? 心配でつ。。。』

あっ、こんな事よりもっと大事な話が。
今日2月22日はチャンピィの3回目の誕生日です。
生きていたらどんな立派な子になってるかと思うと・・・・・しんみり
天才ワンコでしたからね~ ヒカルには真似できないような。
どこが真似できないかと言うと こんな姿が  ↓
チャンピィ2004.5.31
生後3ヶ月にしてモデルの自覚が有り必ずカメラ目線 瞬きだってしません
チャンの場合、デジカメで撮った写真は20枚程しかなく、他は全てネガですがボツになった写真はほとんど無いんです。
それに引きかえヒカルの写真を撮る時の大変な事と言ったら・・・ ジッと出来ないは、つまらなそうな顔をするはで、こう見えて苦労してるんです。
こんなヒカルに天才兄ちゃんを越せる日は来るのか  ふとそんな事を考えてしまったチャンピィのお誕生日でした 
1年が過ぎました。
8日の朝、nanakoさんからお電話で、「チャンピィのカレンダーが出来ました」 
と連絡を頂き、早速夕方PFに行って来ました。
とても素敵に作って下さり、胸が熱くなりました。 ありがとうございます。
H18.11.8(1).jpg
「ヒカル、あなたの綺麗なお兄ちゃんよ」

元気な時そのままの、美しい眼をしたチャンピィでした。
H18.11.8(2).jpg


偶然にも11月8日は一年前、チャンピィと永久のお別れをした日
チャンと過ごした毎日が遠い昔のことのように思えたり、一緒に歩いた日のことがついこの前のような気がしたり・・・・・
お別れをする数日前、遅いコスモスが咲く田舎道で何時間もかくれんぼ遊びをしながら 『見つけたよ』 と遠くから私をジッと見ていたチャンの目が今も 
“サヨナラ” を言ってるように思えます。

数年前、人生やり残したことは 「可愛いワンコと暮らしたい!」 と思い、白黒パピヨンを探し始めて1年半、チャンピィは我が家に来た初めての子でした。
実家では何匹も飼っていましたが、2ヶ月の小さい頃から自分で育てるのは初めてのこと、「お利口ね」 と言われたくて本を何冊も読んで毎日つきっきりで躾けました。 
その甲斐あってか?教えたことはすぐに何でも覚えてくれ、私たちの想像以上の賢い良い子に育っていってくれました。
馬鹿な飼い主と思われるかもしれませんが、自然界にこんなに美しくカワイイ生き物が存在するの? と思う程、魅力的で利発な自慢の子でした。
平成17年10月1日

チャンピィはヒカルとは違い甘え方が不器用で、いつも自分のことを見ていて欲しくてひとりベッドで暴れて見せたり、遠くから小鳥のような声で私たちを呼び、気付くと腰を振っては何か言いたそうにしてました。 
どちらか一人が出掛けても寂しくて、私が買い物に行く度に、いつも後姿が見えなくなるまでずっと2階の窓から見送ってくれました。
その姿がとても綺麗で少し寂しげで、白と黒の鮮明なシルエットが何かのオブジェのようでした。  私たちはガラス越しに見るチャンのその姿が大好きで、早く会いたくて手を振りながら帰る私達を見つけると、窓の奥でいつも大騒ぎして喜んでくれました。
平成17年10月3日


突然チャンピィがいなくなったことは受け入れ難く、悪い夢であってほしい、亡くなっても私たちの傍に居るはずのチャンの姿が見れるようになれれば・・・  といろんな想いで過ごす日々でしたが、ヒカルが来て新たな喜びや楽しみを感じるうちに、現実を受け止め、穏やか気持ちで思い出せるようになった気がします。

チャンピィはたった1年8ヶ月の短い時間しか生きられませんでしたが、私たちにエネルギーをくれ、決して大袈裟ではなく、一緒に生きる事はこんなに楽しく幸せで、出会いはこんなにも素敵だと感じさせてくれ、愛しい命を失うことの無念さを知らされました。
一緒に過ごした1年半を思い返す時、日が経つにつれ雲を掴むように淡くなっていく寂しさを感じ、こんな時チャンはどうしてただろう。。。 とよく自問をします。
宝物のようなチャンの記憶が、ずっと心の中で生き続けて欲しいと思いながら。
今もきっと私たちの傍に居て、見守ってくれているチャンピィに、
「いつか生まれ変わって必ず戻って来るのよ」  と願わずにはいられません。

平成17年10月5日
2歳
今日2月22日は、チャンピィの2回目のお誕生日です。
○んだ子供の歳は数えないと言いますが、この日は特別な日なので・・・
私達は自他共に認める親バカで、チャンは自慢の息子でした。
とても愉快な利口な子で、
「しまいに言葉しゃべるんじゃない?」って思うほど。
「○○って言ってみて?」なんて練習したけれど、もどかしそうにするので、
かわいそうでやめましたけどね。
チャンピィ1歳4ヶ月の頃
亡くなってまだ3ヶ月とは思えないほど、長くお別れしている気がします。

ひと目綺麗なチャンに会いたい、それがかなわないのだと思うと、ひどい寂しさを感じますが、ヒカルが
「ボク、お姉ちゃんから生まれたんだから遊んでよ!」
とばかりにジャレてきて、甘えてくれて明るい気分にしてくれます。
うちに来て2ヶ月足らずとは思えないほど、長く一緒にいる気がします。
ワンちゃんって、家族以上に家族になれる不思議な生きものだなってつくづく
思うんですよ。

今日は、チャンピィの兄弟のハルちゃんや、デュ-ク君もお祝いしてもらってる事でしょうね。
チャンピィの分までずっと元気でいて欲しいと思います。
チャンピィ1歳7ヶ月の頃

チャンピィ1歳2ヶ月の頃

亡くなったチャンピィに会えた話
2日前に書いた変なヤツと思われそうな話を・・(思わないでね~)
チャンピィがお骨になって帰ってきた日の夕方、台所で立ってると、チャンピィが
いつものように
「ゴハンちょうだい」って左斜め後ろで、フセして見上げているんですよ。
チャンピィ8ヶ月の頃
私、ちょっとおかしいのかしら、と思いつつ缶詰をあわてて出して、
「ちょっと待ってて、今すぐ入れるからね」
と言いながら用意していると、お兄ちゃんがトイレから出てきて
あ~、チャンピィがそこにいる~」 
とまさにその場所を指さして言うんです。私が見たのと同じ向き同じ格好で・・  
すぐにその姿はスッと横に消えてしまったのだけれど、
「もしかしてチャンピィ、一瞬の出来事だったから、自分が死んでしまった事わかってないのかもしれないね」 とふたりで話しました。
数日後、知人で霊感の強い方が来られたので、
「チャンがこんなことになってしまって・・」 と話すと、
「部屋にいてるよ、こっちに来れなくて緑の濃いマットの上にオスワリしてるわ」  
後日その人がまた来られ先日の話が気になったので
「チャン君 まだいますか?」 と恐る恐る聞くと
「ベ-ジュにピンクと青の花の模様の布団の上で寝てるわ」
この方、私達の部屋には一度も入った事がないのに、ピッタリ言うんです・・・  
「どうしたら私も見えるようになるんですか?」 と聞いてみると
「チャンピィと同じ世界に行ったら見えるよ」 だって。
ん~ あっちの世界か~  いっそのこと行ってしまおうかな~ とその時は思ったりして・・・ H18.1.17
「なんてこと言ってるんでちゅかボクというものがいるに!!」
「ゴメンゴメン、今はそんな事思ってないわよ。ヒカルがいてくれるから元気でいられるの ありがとネ」

生きてきてこんなに泣いた事はないけれど、でもね、チャンピィに出会わせていただいたプリンセスファンタジィ-のおやぴんさん、nanakoさん、そして神様に心から感謝しているんですよ。1年半一緒に暮らせて幸福を実感できた事、こんなにも愛せる存在でいてくれた事に。
きっと、ヒカルと私たちのすぐそばで、ずっと見守ってくれていると信じているんです。
チャンピィ 最後の写真

Copyright © 2005 ヒカルchan日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。